【ガス屋の窓口】プロパンガス会社の切り替えを検討するなら活用すべき話

【ガス屋の窓口】プロパンガス会社の切り替えを検討するなら活用すべき話

『 プロパンガス会社を切り替えようと思って検索したら「ガス屋の窓口」が出てきた。

  でも怪しいサイトじゃないかちょっと不安な気が..』

ガス屋の窓口のホープページを見てそう感じた方もいるかもしれません。

怪しく感じるのも無理はありません。

何せ高いと思っていたプロパンガス代が半値近くになるというのですから、そんなうまい話があるものか!と、思うのが普通です。

しかし、これはプロパンガス業界の特性ゆえに起こり得ることなのです。

私はプロパンガス会社に10年以上勤めてきましたが、プロパンガス業界に入った当初はその仕組みに驚きました。

プロパンガスは、ガス会社を切り替えて新たに契約してくれる方にこそ、特価料金のプロパンガスを提供してくれるのです。

残念な話ですが、文句も言わずプロパンガスを使い続けていても、特価価格を出してくれることは決してありません。。

業界の仕組みを知らない優良顧客ほど、高いプロパンガス代を支払い続けることになるのです。

プロパンガス会社で働く私自身、お客さんに申し訳ないなと思ったことが何度もあります。。

プロパンガスをお使いなら、一度はプロパンガス会社の切り替えを検討する価値があります。

そして、プロパンガス会社を探すときに便利なのが、各地域のプロパンガス会社を紹介するサービス【ガス屋の窓口】です。

【本記事の信頼性】

・ガス会社の勤務歴10年以上

・ガス会社の切り替え対応300回以上経験

今お使いのプロパンガスは高い?安い?

プロパンガスの料金は一般的には毎月定額でかかる「基本料金」と、プロパンガスを使った量に応じてかかる「従量料金」で構成されます。

プロパンガスの場合、従量料金の価格がいくらに設定されているのによって請求額は大きく異なります。

プロパンガスの従量料金の単位は㎥で計算されます。

地域によってプロパンガスの市場価格に差はありますが、標準~高めの会社で1㎥あたりの従量単価500~700円台です。

1ヵ月10㎥使ったとして、5,000円~7,000円ですね。

これに基本料金が1,000~2,000円程度加算されます。

合計すると6,000~9,000円程度で、これが一般的な料金の例です。※地域によってはもっと高い場合もあります。

とはいえ、多くのプロパンガス会社はホームページには公表していない「特価料金」を持っています。

プロパンガス会社が用意する特価料金の従量単価は1㎥あたり300円台が多いです。

1ヵ月10㎥使ったとして、従量料金は3,000円~4,000円。

これに基本料金1,000~2,000円を加算したとしても、合計で4,000~6,000円程度になります。

これだけプロパンガスの請求額に従量料金が与えるインパクトは大きいのです。

しかし、このプロパンガスの特価料金は既存のお客さんに用意されているものではないケースがほとんどです。

他社から切り替えてくれるお客さん用に用意された特価料金プランなのです..!

だからこそ、高いプロパンガスを払い続けているだけでは、いっこうにプロパンガスが安くなることはないのです。

今お使いのプロパンガス会社に交渉をしても多少の値下げはあっても、特価プランのような料金を引き出すのは至難の業です。

そこで、お住いの地域のプロパンガス会社を紹介してくれるサービス【ガス屋の窓口】がおすすめなのです。

ガス屋の窓口とは?



プロパンガス切り替えサービス「ガス屋の窓口」は、 プロパンガス料金を一括見積で比較検討して、節約できるサービスです。

「ガス屋の窓口」は全国各地のプロパンガス会社と提携しており、 ガス会社を切り替えることによって、 年間で5万円以上節約出来る場合もあります。

5万円の節約って結構大変ですよね?

しかしプロパンガス会社の切り替えなら、今までと同じようにガスを使っているにも関わらず、大きく節約することが可能なのです!

プロパンガスをお使いなのが戸建住宅でしたら、ガス会社を切り替えることが可能です。

「ガス屋の窓口」はプロパンガス会社を紹介するサービスですが、手数料などは一切ありません。

※新しいプロパンガス会社がエネピに紹介料を支払ってくれるため

「ガス屋の窓口」を使ってプロパンガス会社を切り替える手順は簡単です。

基本的には6つのステップでプロパンガス会社を切り替えることが出来ます。

    1. STEP1 プロパンガス会社探しを「ガス屋の窓口」に依頼
    1. STEP2 プロパンガス会社を「ガス屋の窓口」から紹介してもらう
      STEP3 新しいプロパンガス会社を選ぶ
      STEP4 新しいプロパンガス会社から連絡が来る
      STEP5 申込書にサインする

STEP6 ボンベとメーターを交換してもらって完了

より詳しい説明は【ガス屋の窓口】のホームページで確認できます。

検討した結果、プロパンガス会社を切り替えなくても大丈夫です。

とはいえ、まずはお住まいの地域で今よりプロパンガスが安くなるのかどうか、一度見積もってみる価値はあります。

プロパンガス会社は全国に2万社もあります。

一度くらいプロパンガス会社の切り替えを検討してみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です