【プロパンガスが死ぬほど高い!】ガス代を驚くほど安くする対策とは?【プロパンガス会社に10年以上務めた社員がお教えします】

プロパンガスが高い!ガス代を安くする対策は、たったの2つです。

こんにちは、プロパンガス会社に勤めて早10年以上の高橋です。

このサイトに訪れた方はきっと、ガス代が高くてお困りなのでないかと思います。

なぜプロパンガスはこんなにも高いのでしょうか。

高いのには理由があります。

しかしご安心ください。

高いプロパンガス代は、しっかり対策さえ取れば安くできます。

それも人によっては高いプロパンガス代が、対策によって今までの半額近くになるケースもあります。

プロパンガス会社に10年以上勤めてきた私が断言します。

なぜそんな事が可能なのか?

怪しく思われるかもしれません。

しかし、怪しい話ではありません。

これは、プロパンガス業界が長年作り上げてきた悪しき習慣のために起こりえるのです。

そして、プロパンガス業界が作り上げてきた悪しき習慣に強い疑問を抱いてきたため、私はこのサイトを立ち上げました。

世の中のプロパンガス価格を低減させたい、そんな思いから情報をお届けします。

高いプロパンガス代を安くするためには2つの対策があります。

それは『プロパンガスの料金体系を変えること』『プロパンガスの消費量を下げること』です。

対策はたった2つだけです。

しかし、この2つの対策を取らなければ、いつまでも高いプロパンガス代を払い続けることになります。

今すぐ対策を取りましょう。

行動すれば全てが変わります。

なぜプロパンガスは高いのか?

プロパンガスは都市ガスやオール電化に比べて非常に高いイメージがあります。

それはある意味事実であり、ある意味間違いです。

プロパンガスは、都市ガスや水道などの公共料金と違い、各プロパンガス会社が料金を決めてよい自由価格の業界です。

さらに各プロパンガス会社の中においても、料金体系が何10パターンとあるケースも多いです。

隣り合った家で、同じ会社からプロパンガスを取っており、プロパンガスの消費量が同じくらいだったとしも、プロパンガス代は倍近く違うというケースもざらにあるのがプロパンガス業界です。

つまり、めちゃくちゃ高いプロパンガスの料金体系もあれば、めちゃくちゃ安いプロパンガスの料金体系もある、ということなんです。

これは、プロパンガス会社が合併を重ねてきたことに一因があります。

これまでにプロパンガス会社を変えたことがないのに、プロパンガス会社の名前が変わったことはありませんか?

プロパンガス会社は大手から小さな地域のガス屋さんまで全国2万社以上あります。

そして、多くのプロパンガス会社は仕入れで何社か挟んでおり、中間マージンが乗っかっているケースが多いです。

そして合併して大きな会社になっても、料金体系は昔の古い料金体系のままといったケースもよくあります。

一方で、プロパンガス会社は顧客数を増やすため、新規契約のお客様には安価なガス料金で提供していきます。

つまり、長年契約してきた優良顧客ほど高い料金を払っている可能性も高いのです。

長年の契約者から高いガス料金を請求し、安価な料金で新しいお客を取るのです。

昔からつきあってきた優良顧客ほど、プロパンガス会社に搾取されていたりします。

こんなのどう考えても納得いきませんよね?

プロパンガスの料金体系を変える対策とは?

高いプロパンガス代を削減するための2つの対策のうち、まず行うべきなのが『プロパンガスの料金体系を変えること』です。

いくらプロパンガスの使用する頻度を減らし消費量を削減しても、そもそもの料金体系が高かったら一向にプロパンガス代は減りません。

まずはガプロパンガス代の大きな削減に繋がる、料金体系の見直しです。

集合住宅にお住まいの場合は料金体系を変えることはちょっと難しいです。

しかし、あなたが戸建て住宅に住んでおり、自宅にガスボンベが設置してあるのであれば料金体系を安くできる可能性が非常に高いです。

プロパンガス会社は実は簡単に変えることが出来ます。

この1、2年プロパンガスの料金は低下傾向にあります。

もしこの1、2年以内に一度もプロパンガス料金の値下げがなかったのなら、プロパンガス会社変更する対策を検討した方が良いです。

高いプロパンガスの料金体系を安くする一番手っ取り早い方法はプロパンガス会社を変えることですよ。

 

そのためにまずは、今お使いのプロパンガス料金が市場価格と比較して、高いのか安いのか知ることが大事です。

プロパンガスの価格は一般的に毎月固定の『基本料金』と使った量に応じて料金が発生する『従量料金』で決まります。

まずは料金体系が高いのか、安いのか把握しましょう。

とはいえ、プロパンガスの市場価格は地域性が強いので、一概にお伝えすることは出来ません。

そこで、【ガス屋の窓口】活用する事をおすすめします(外部サイト)

ガス屋の窓口ではプロパンガス料金が安くできるのか簡単にシミュレーション出来ます。

また、実際に現在の高いプロパンガス会社から他社に切り替えたい場合も、手続き関係を代行してくれます。

プロパンガス会社を変えることは特別な事ではありません。

携帯や新聞を変えるのとなんら変わりありません。

現在のプロパンガス代が高いなら、一日でも早くプロパンガス会社を変更する対策を取るべきです。

まずはガス屋の窓口で現状を把握することをお勧めします。



プロパンガスの消費量を下げる対策とは?

プロパンガスの消費量を落とすコツは、まず消費量の大きなものから削減する事です。

さっそく、ガス器具のプロパンガス消費量を比較してみましょう。

今回は一般家庭でよく使われる給湯器とガスコンロを比較してみます。

coming soon

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

プロパンガス会社に勤めて10年以上が経ちます。 エネルギー会社に勤めた経験を活かして裏情報やお得な情報をお届けします。